「衝撃」4人目のダイエッター(2)

♦ 内面は更にパワーアップしてました。




テレビ電話が繋がると、

わっほー、わっほー。
お久し振りです。

せっかく綺麗になったのに、このままでいいの?

とマツコさん。

矢部さんは、

痩せたね。

おふたりが気になったのは「ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ」という名前のようで。

読み方は普通。
小さい「ゅ」も発音していいみたいです。

「由来は何なんでしょう?」という山里亮太さんの問いかけに、

ちょっと病み過ぎて、幸せなものを見ると自分だけ寂しくなっちゃって。

その時に園子温監督の映画を観て、すごく助けられたんですよ。

こんなに欲望を出しまくっていい世界があるんやと!

内に秘めてた自分が出たんですね。

ちょっと長いので私がまとめておきます。

その時、リングの呪いのビデオみたいな画質の悪い沼が目の前に現れて、留守番電話の音が聞こえてきて、その沼に浮かんできた文字が「ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ」だったということです。

それが自分っぽいから、これになろう、と思って名前にしたそうです。




芸人を辞めて将来に悩んでいたぬゅゅさんは、記念に受けた園子温監督の映画のオーディションに合格。

女優になるために芸人を辞めた訳ではなく、とりあえず芸人を辞めたあとに女優という道を見つけた、と。

99kgだったぬゅゅさんは「こんな身体じゃダメだ」と思って、ジャンクフードをやめて野菜を食べまくり、現在は59kgに。
40kgのダイエットに成功しました。

ぬゅゅさんの身長は164cm。
CASIOさんのサイトで確認すると、BMI値は21.94。
適正体重は59.17kg。
ピッタリ適正です。

野菜を食べるのは良いことですが、野菜だけだと栄養素が偏るので、そこだけ気を付けましょう。

ぬゅゅさんはダイエットをしたから幸せになったのではなく、幸せになったからダイエットに成功した、というところが大切です。

ぬゅゅさんの幸せは、欲望全開で生きてもいいと認識して、今までとは違う世界に飛び込んだこと。

野望は、クエンティン・タランティーノ監督の映画に出ることです。

タランティーノの映画に出させてちょーだい!

だそうです。

言葉にすることで夢が叶うかも。
言うだけならタダです。