8時間ダイエット(1)

♦ 食べない16時間の方が大切な「8時間ダイエット」。





8時間ダイエットに挑戦するのは、おやつが原因で太ったチームおやつっ娘です。

また言っちゃいますけど、おやつが原因で太ったなら、おやつを控えればいいのに。

8時間ダイエットは、なんか、うっすら聞いたことがあるぐらいです。

このダイエットを管理・指導されているのは、医師の大竹真一郎先生です。
大竹先生のプロフィールはこちら。
消化器がご専門なんですね。
期待できそうです。

8時間ダイエットは、食べ始めから食べ終わりまでの時間を8時間にすることで、16時間のプチ断食状態を作り、蓄積された脂肪を優先的にエネルギーとして使用することで脂肪が減り、痩せるという仕組みだそうです。

8時間で食べるというよりも、食べない16時間が大切みたい。

※ ダイエット法の詳細は番組HPも合わせてご覧下さい。

が出ました。
後ほど参りましょう。

♦ 提示されている図の意味。 




このあと、アメリカのソーク研究所が行った実験として、24時間、自由に食事できるグループと、8時間だけ食事できるグループの比較の図が示されます。

おっと、ここにも米印が。

※ 出典:米国ソーク研究所/慶応義塾大学医学部 羽鳥恵ほか(2012年)

肝心の論文のタイトルが無いのですが。

この図は、針のない丸い時計のような図で、0から23までの目盛りがあります。
恐らく時間でしょう。
単位は書かれていませんが。

円の内側に、赤い12個の小さな丸が、目盛りに沿って点在しています。
左側の図は、上部に「24時間自由に食事可能」と書かれており、図の下に「肥満」と書かれています。
右側の図は、上部に「8時間だけ食事可能」と書かれ、図の下に「やせる」と書かれています。

ナレーションによりますと、

実際、アメリカの研究所の実験によると、24時間、自由に食事できるグループと、1日8時間だけしか食べられないグループを調べたところ、ほぼ同じ食事量にも関わらず8時間の方が痩せたというデータも。

ナレーションでは、アメリカの研究所となっていますが、字幕には「米国ソーク研究所の実験によると…」と書かれています。

と言われましても、この図は、どう読み取っていいのか全く分からないのですが。

赤い点は何でしょう?
被験者は何人ですか?
期間はどれぐらいでしょう?
1日ではないですよね。

24時間、食事できるグループは、赤い点がばらけていて、夜中の12時、午前3時にも1つずつ赤い丸があります。
8時間だけ食事可能なグループは、13時から21時の間に赤い丸が集中しています。

たぶん赤い丸の部分で食事をしたんでしょうけど。
1日3食ですよね。
それにしては、どちらの図も時間に、ばらつきがあり過ぎるのですが。
どちらのグループも、食べてもいい時間の枠だけが問題で、好きな時間に食事を摂っているのでしょうか。
食事時間の規則性は無視?

24時間、食事可能なグループは、深夜に食事を摂っている人もいて、もともと生活の時間が乱れているので肥満になるのも無理はありません。
普通に生活していれば、睡眠を8時間とすると、食べられる時間は16時間です。
実験するなら、規則正しい生活が前提じゃないと。
24時間、気ままに生活している人の結果が思わしくないのは当たり前です。

実験の期間も、太ったり痩せたりするほど長期なのでしょうか。
それを24時間の時計の図に表した。
どうやって?
食べた時間の平均値とか?

分からな過ぎます。